特許第6984830号

米国足病医が開発した
人々の健康を支える
パーソナライズインソール

With foot care,
A healthy body
that you can walk
for a lifetime.
Arch Technologies support for your life

アーチを変える、カラダが変わる

たった2%の面積で、全体重を支える足は人体の中で最も重要な部分のひとつ。しかしながら、「足が疲れる」「歩くと身体が疲れやすい」といった足が原因で起こる病気や不調はなかなか認知されていません。
日本は約7割の人が足に関する異常を抱えたまま生活をしている、いわば足の後進国です。
ArchTechMedicalは、米国足装具療法に基づき人々の健康を足から支えます。

※根拠データ記載
ABOUT

ArchTechMedical

とは

米国足病医が考えた、
「足を矯正する」パーソナライズインソール

製品誤差をなくすことに注力し、一人ひとりに合わせて最適に足を矯正。
米国トップレベル足病医の採型水準を特許技術で商品に再現しました。
論文化された最新理論に基づき、足骨格を歪みのない
理想の状態「ニュートラルポジション」に向けてその人に合わせて矯正します。

ABOUT

足装具療法とは

足装具療法とは特殊な医療用の足装具(靴やインソール)を利用して足病を治療する治療方法で、欧米では一般的な治療方法です。足装具は足病学の知識に基づいて、足病や人それぞれの足の構造に基づいて製作される事で効果を発揮します。
論文化された最新理論に基づき、足骨格に歪みのない理想の状態「ニュートラルポジション」に向けて、その人に合わせて足骨格を矯正します。

ArchTechMedicalを敷くことで得られる効果
足の痛みや疲労を軽減
姿勢改善
運動効率アップ・足病予防
足骨格を矯正することで、歩行時の直接的な痛みや疲労を軽減するだけでなく、
立ち姿勢の改善、さらには運動効率アップ・足病予防に繋がります。
医師によるサポート
①足装具を用いた姿勢・骨格矯正

足病の原因となる足裏の過度な圧力の分散足を正しい位置に矯正することで正しい姿勢に

②歩行動画解析 / Gait Analysis

米国足病医と医師・理学療法士による遠隔姿勢・歩行解析サービス解析結果から姿勢状態や将来おこるトラブルへの対処法を伝える

③遠隔診療

歩行解析結果を元に足専門医が足の痛みの原因の特定や
改善方法を遠隔で伝える

④医学療法士監修のリハビリプログラム

足の解析結果、個々のアセスメントに基づいた運動プログラムの提供

足骨格を矯正することで、歩行時の直接的な痛みや疲労を軽減するだけでなく、
立ち姿勢の改善、さらには運動効率アップ・足病予防に繋がります。
FEATURE

特徴

なぜ足の痛みや疲れが起こるのか?

足裏に部分的な圧力(ダメージ)が過度にかかるため

足骨格に歪みがある状態では、足裏に部分的な圧力=ダメージが過度にかかっている状態になります。
特にかかとは足圧の負荷が高くなってしまう場合が多くあります。
この部分的なダメージが、姿勢を保つのに足や身体を疲れさせる原因となります。
ArchTechMedicalをインソールとして敷くことで、足圧を分散し足のダメージを軽減させます。
図は、ArchTechMedicalを敷く前と後の足圧の比較画像です。

POINT
01

足の構造、動きを知り尽くした
米国足病医が開発

POINT
02

ニュートラルポジションへの
最適化

足圧分散を実現する

4つのポイント

POINT
03

圧力を分散し、
体重を支える硬度な素材

POINT
04

独自の採型方法

足圧分散を実現する

4つのポイント

POINT
01

足の構造、動きを知り尽くした
米国足病医が開発

POINT
02

ニュートラルポジションの
最適化

POINT
03

圧力を分散し、
体重を支える硬度な素材

POINT
04

独自の採型方法

POINT
01

足の構造、動きを知り尽くした
米国足病医が開発

米国は靴文化であることから、足治療や予防の先進国。
1万人以上の足病医(足の専門医資格を持つ医師)がおり、足病医たちはポダイアトリー(足病学)に精通し、高齢者、アスリート、子どもに対してあらゆる足や歩行の問題について治療を行っています。
そんな米国で30年以上足の専門家として活躍する足病医が、高い機能性を持ち、米国病院でも実際に医師が治療用に処方しているインソールを改良して考案。

李家 中豪 足病医
Chugo Rinoie DPM
経歴
カリフォルニア足病医科大学卒業
足病医学博士
米国足病外科認定医
南カリフォルニア・メソジスト病院 創傷ケアセンター長​
大阪大学 大学院医学系研究科 招聘教授
POINT
02

ニュートラルポジションへの
最適化

ニュートラルポジションとは、すべての動作の起点となりうる歪みのない関節位置のことを言います。足の前足部、土踏まず、後足部の位置を3D矯正することで足圧を分散させることができます。
国際特許取得済の独自の採型技術で一人ひとりにあったソールデザインを実現します。

POINT
03

圧力を分散し、
体重を支える硬度な素材

機能性の高いインソールは、体重をしっかり支えることができる硬さとその人のアーチにフィットした形であることが必要です。
ArchTechMedicalのインソールでは、製作過程で特殊素材のシェルが形を変え、必要十分な硬さに加えてその人にフィットさせることができます。

POINT
04

独自の採型方法

ArchTechMedicalは誤差の少ない独自の採型方法を採用しています。
半荷重時と荷重時の両方を組み合わせて採型することで一人ひとりの体の構造にフィットさせます。
立っているときだけ、座っているときだけ、など特定のシーンだけではなく、歩行時も含めた動作の中で一人ひとりに合わせて固める採型技術によって、高精度でのパーソナライズを実現しました。

At medical institutions

医療機関にて

様々な治療や
アフターフォローへの
適用に活用
皮膚科・形成外科・整形外科
足病への適用

外反母趾や胼胝、足底の痛みなど長時間の歩行で足底に過剰に圧力がかかったり、足の歪みによって起こる足病治療やアフターフォローにインソールが有効です。

糖尿病科・透析センター
糖尿病合併症の予防

糖尿病による合併症で足が変形してしまうことを防ぐことが、潰瘍予防につながります。

内科
運動療法として適用

生活習慣病、慢性疾患で悩まれる方への運動サポートとして、ご活用いただけます。

かかりつけ医
フレイルフットの予防

フレイルは加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態です。歩行を放置すると筋肉が落ち、悪化すると寝たきりになることも考えられます。健康を維持するために、正しい姿勢で歩くことをインソールでサポートできます。

小児科・整形外科
子どもの足部発達障害の矯正

足の骨の成長は、男子は16歳・女子は14歳頃までに完了します。子どもの足の骨は、軟骨(骨端軟骨)部分が多く、関節の結合がゆるく柔らかいため、日々の姿勢や靴習慣によって骨格形成に影響する可能性が示唆されています。日本国内における子どもの足の発育を調べた研究によると小学生の足変形は全体の40%、中学生に至っては60%に及ぶとされる研究結果も存在しています。米国では3歳から足装具療法が提供されており、広く子どもの足の骨格矯正が行われています。

Instance

サポート事例

足装具療法により治療や
アフターフォローへの
適用に活用
皮膚科・形成外科・整形外科
足病への適用

外反母趾や胼胝、足底の痛みなど長時間の歩行で足底に過剰に圧力がかかったり、足の歪みによって起こる足病治療やアフターフォローをサポート。

糖尿病科・透析センター
糖尿病患者

糖尿病による合併症で足が変形してしまうことを防くことで潰瘍予防につなげます。また足のしびれ等から歩行が困難な方の歩行をサポート。

内科
運動療法として適用

生活習慣病、慢性疾患で悩まれる方への運動サポート。
運動リスクを最小限にすることで下肢切断リスクを軽減させます。
また日常の運動のパフォーマンスの向上もサポートします。

かかりつけ医
フレイルフットケア

フレイルは加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態です。歩行を放置すると筋肉が落ち、悪化すると寝たきりになることも考えられます。健康を維持するために、正しい姿勢で歩くことをサポートします。

小児科・整形外科
子どもの足部発達障害

足の骨の成長は、男子は16歳・女子は14歳頃までに完了します。子どもの足の骨は、軟骨(骨端軟骨)部分が多く、関節の結合がゆるく柔らかいため、日々の姿勢や靴習慣によって骨格形成に影響する可能性が示唆されています。米国では3歳から足装具療法が提供されており、広く子どもの足のサポートが行われています。

産婦人科、整形外科
産前・産後のケア

産前産後のホルモンの影響により全身の靭帯が緩み骨格が崩れやすい女性の姿勢崩れをサポート。

整形外科
疲労軽減、姿勢改善

ニュートラルポジションを維持させることで正しく歩くことで疲れにくいカラダをサポート。また脚長差があることによって歪む姿勢を足元から変えていくことを目指します。履きたい靴を痛みなく履ける楽しさの実現を目指します。

USE CASE

ユースケース

正しい姿勢の歩行になることで、様々な体験を実現
足病への適用

糖尿病による足のしびれ等から歩行が
困難な方の歩行をサポート。
運動リスクを最小限にし足病変の予防や
下肢切断リスクを軽減させます。

妊娠中・産後の方

産前産後のホルモンの影響により
全身の靭帯が緩み骨格が崩れやすい女性が、
インソールで除圧をすることにより
姿勢崩れを軽減させます。

疲労低減し、歩行をサポート

ニュートラルポジションを維持しより
正しく歩くことで疲れにくいカラダに。
履きたい靴を痛みなく
履ける楽しさの実現を目指します。

アスリートのパフォーマンスアップ

インソールによって踏む力を
最大化させることによって
パフォーマンスの向上につなげます。

姿勢改善

脚長差があることによって
歪むカラダを、
姿勢の根本である足元から変えていく

PRODUCTS

商品一覧

パーソナライズ

製品誤差をなくすことに注力し、一人ひとりの足に合わせて最適に作成。米国トップレベル足病医の採型水準を特許技術(特許第6984830号)で商品に再現しました。

税込29,700
COMING SOON
カスタム

その場で簡単にできる足診断であなたの足の状態を把握。200通り以上のパターンの中から最適なインソールを選べます。インソールの削り出しは職人の手作業で仕上げられており細部に拘った作り。

税込15,400
FLOW

商品購入の流れ

ArchTechMedicalは事前処方を行い商品を購入することができます。
問診票の記入

医師が作成した問診票の内容を記入していただき、
健康状態に問題がないのかを確認

②足の状態チェック

希望者に対しては簡易的な足のチェックや解析を行い、
異常があった場合のみ医師につなぎます

③インソールの採型と製作

足の専門医と連携を行った専門家が採型と製作を行います。

④医師による問診内容のチェック

記入いただいた問診内容を医師が最終チェック

⑤アフターサポート

購入後、足に関する情報やケア方法などを定期的に配信

※事前処方にて問題があった場合には医師に相談する必要がございます。
※作成後問題があった場合には返品対応等させていただきます。
CONTACT

お問い合わせ

インソールに関するお問い合わせはこちらよりお願いいたします。

問い合わせ完了

お問い合わせいただき、ありがとうございました。
ご入力いただきましたメールアドレスに受付完了のメールを自動送信しております。
お問い合わせ内容に関しましては、当社で確認を行い、
ご返答させていただきますので今しばらくお待ちください。
入力に誤りがあります。再度ご確認の上、送信をお願いいたします。